1本だけ色が違う。そんな歯はありませんか?

1本だけ色が違う、そんな歯はありませんか?そんなときには、まず歯科医院で相談してみましょう。

ホワイトニングの進歩もあり、現在では歯科医師のさまざまな選択肢やテクニックを用いて、変色している歯に対する対処法があります。

今回はホワイトニングのプロフェッショナルであるDr. ヴァン・ヘイウッドが論文で紹介している、単歯の変色について、いくつかの改善方法をご紹介します。

記事を読み続ける

pH—ホワイトニングと口腔内の健康に対する関連性

ホワイトニングは歯の色調を変える最も保守的な手法です。しかし、ホワイトニングは口腔内の健康を改善し維持する効果もあることをご存知でしょうか?過酸化物を使用するホワイトニングはより白く魅力的な笑顔を提供しますが、それに加えプラークの除去 – また最も重要なことですが - 口腔内のpH値を上げる作用もあります。

記事を読み続ける

正しい白さとは?

自分にあった白さというのは、ご自身で決める白さです。そのため、正しい白さというのはありません。

しかし、ホワイトニングで白くなる天然歯の白さは、個人差があり、それぞれ白さに限界があります。そのため、ご自身が希望される白さをしっかりと明確に、歯科医師に伝えゴールを話し合いましょう。

記事を読み続ける

ホワイトニングによる知覚過敏抑制について

ホワイトニングを行うことで、知覚過敏のような痛みが出る場合もあります。

ほとんどの場合、知覚過敏は一過性のもので治療が可能ですので、ホワイトニング前・中・後にかかりつけの歯科医師に相談し、あなたの現状を把握してもらうことが重要です。

記事を読み続ける

より輝く笑顔のために

ホワイトニングは若々しく、自身に満ち溢れた、輝く笑顔を保つお手伝いをしてくれることがすでにご存知でしょう。それに加え、ホワイトニングはお口の健康にも繋がる笑顔を作り出してくれるということをご存知でしょうか?

記事を読み続ける

ホワイトニングで改善されないステイン、白斑等はどうしたらよいのでしょうか?

皆さんご存知の通り、歯の色、形は人によって様々です。歯の色や形を作る要素として、沢山の項目があげられますが、ホワイトニングの効果もその人それぞれです。そのため、人によってはホワイトニングでは改善されないステイン、白斑などが残る可能性もあります。

そんな時は歯科医院で、歯を綺麗にするオプションを相談してみてください。

記事を読み続ける