関連記事に戻る

ホワイトニングによる知覚過敏抑制について

一部の方にはホワイトニングは知覚過敏のような症状を起こすものです。ほとんどの場合、知覚過敏は一過性のもので治療が可能ですので、ホワイトニング前・中・後にかかりつけの歯科医師に相談し、あなたの現状を把握し、適切な処置をしてもらいましょう。

治療を始める前に歯科医師とホワイトニングに関するテストをしてもらいましょう、あなたの知覚過敏レベルやステインについて診てもらいます。一度歯科医師があなたの知覚過敏の度合いを把握します。 - 通常は触れたりエアーをかけたりし て– ステインの除去などを行いながらどのホワイトニング処置をすぐに行えるかどうか確認します。

 

ホワイトニング前の知覚過敏

もしあなたが慢性的な知覚過敏をお持ちであれば、歯科医師に相談の上、正しい処置を行った上でホワイトニングを開始しましょう。

また、知覚過敏抑制材ウルトライーズをホワイトニング前に使用することで、ホワイトニング中の知覚過敏を抑制することができます。初めてホワイトニングを行う場合には、使用前にウルトライーズを使用することをお勧めします。

 

ホワイトニング中の知覚過敏

ホワイトニング経験が無い方は、初期段階で知覚過敏が発生する場合があります。

その場合は、以下のようなオプションがあります。快適にホワイトニングが行えるように歯科医師と相談しながら進めましょう。

 

装着時間を減らす

一日、二日間隔を空けながら行う

知覚過敏抑制材を併用する

知覚過敏抑制効果のある製品を併用し、ホワイトニング材と交互に使用する

*もしこれらの選択肢により改善がみられない場合は、歯科医師よりホワイトニングの中止を指示する事があります。