関連記事に戻る

ホワイトニングに対するアメリカ歯科医師会(ADA)の見解とは?

2008年に「ADA ホワイトニング製品の安全性と効果についての報告」という公式文が発表されました。

 ADA Statement on the Safety and Effectiveness of Tooth Whitening Products.

以下に一部を取り上げます:

ホワイトニングは過酸化物で漂白することにより達成される – その効果は先天的なものと、日常や食生活などで付いてしまう二次的な着色の両方に効果がある – それ以外では研磨や清掃媒体で表層のステインのみの除去が行われる。

歯科材料の施行や分布は次の場所から行われる 1)歯科医院にいる歯科医師から 2)自宅での使用のために歯科医師から 3)オーバーザカウンター(薬局等)

ADAはホワイトニング製品を使用する際、必ずかかりつけの歯科医に相談してから使用するよう勧めている。

ホワイトニングにおける最も一般的な副作用としては知覚過敏や歯肉の炎症が挙げられる。歯肉の炎症は適合しないカスタムトレイを使用する事により起こることが多い。どちらの症状も一過性のものである。

歯の色が気になったらまずはかかりつけの歯科医に相談し、ホワイトニングについて相談してみましょう!