関連記事に戻る

硝酸カリウムとフッ化ナトリウムの利点

ホワイトニングシステムの進歩により歯科医院では歯を白くするものだけではなく、歯を強く健康的にするものとして患者さんへ提供することが出来るようになりました。

ホワイトニングを行う上で、知覚過敏のような痛みが発生する可能性があるため、ホワイトニング中の痛み対策として硝酸カリウムとフッ化ナトリウム含有の歯磨き粉や、ジェルを用いて予防するという方法があります。

特に、ホワイトニング材と併用して、硝酸カリウム・フッ化ナトリウム入りのジェルをホワイトニング前後に使用することで、痛みを抑制し、快適なホワイトニングを行うことができるという利点もあります。

硝酸カリウムは痛みを即座にやわらげ、フッ化ナトリウムは長期的な痛み抑制の効果があり、様々な知覚過敏抑制材や歯磨材など日常的に使用されている製品にも多く含まれているため安心して使用いただけますが、歯科医師の指導の元、ご自身に合った痛みの対処法を相談しましょう。

  1. Haywood VB. Considerations for managing bleaching sensitivity. Dentin Hypersensitivity: Consensus-Based Recommendations for the Diagnosis and Management of Dentin Hypersensitivity (a Supplement to Inside Dentistry). 2008;4(9):25-31.