関連記事に戻る

黄色や茶色の着色、神経がなく、黒くなってしまった歯 – これらはホワイトニングの効果を期待できますか?

変色やステインの原因はなんでしょうか?

ご自身の歯が望んでいる白さではない理由はいくつかあり、遺伝もその一つです。

通常、象牙質(エナメル質の下の層)には黄色や青色/グレーといった固有の色がついています。この状態は正常で個人によってその色合いは変わってきます。エナメル質の厚みは(遺伝において) この黄色や青色/グレーがどのくらい透過されるかを決定します。人は加齢においてエナメル質が薄くなり、象牙質がより透過して色調に反映されます。

その他、変色やステインの主な理由として以下が挙げられます:

ワインやコーヒー、お茶といった食べ物や飲み物

テトラサイクリンのようなお薬

喫煙やたばこ類の使用

歯に対する外傷

すべてのステインにホワイトニングは効果がありますか?どのくらいの期間が必要ですか?

情報として、ホワイトニングはすべてのステインに効果があります - 薬由来のものも含め - 飛躍的に改善することができます。しかし、ステインの種類によってはそれぞれ違った治療期間が必要となってきます。

天然な黄色や青色/グレーの変色は、薬由来のステイン、また煙草や飲食による着色より、ホワイトニング効果が早く出やすいです。先天的に黄色い歯は約1~2週間で改善され、青色/グレーの変色はその倍くらいの期間を要します。喫煙によるステインはホワイトニングされるまで1~3ヶ月かかり、薬由来のステインは着色の度合いにもよりますが、約2~6ヶ月かかります。神経が無い歯の黒っぽい色味もホワイトニングで改善することはできます:しかし通常は他の歯と色調を合わせるために神経の無い歯(無隋歯)のみの処置を先に行うことが多い事から、まずはかかりつけの歯科医師に相談してみましょう。