• 安全性

     ホームホワイトニング材は過酸化尿素10%の粘性のあるジェルを使用します。過酸化尿素10%というと消毒液などで使用される薬局などでも目にする薬品であり、私たちの生活の中でも身近なものであるといえます。

    歯科医院において、ご自身の歯列に合わせたカスタムトレイを作成します。ホームホワイトニングは低濃度で安全に約2週間、1日2時間のを目安にホワイトニングを行います。また知覚過敏のような痛みが出る場合がありますが、知覚過敏抑制材(フッ化物配合)や知覚過敏専用の歯磨き粉などと併用することで、痛みを和らげるだけでなくエナメル質の強化や虫歯予防にもつながります。1–5

  • 効果

    ホームホワイトニングの効果については、個人差がありますが、歯科医院で使用前と後の写真を撮ってもらい必ず記録をするようにしましょう。変化がよりわかりやすくなります。

  • Basting RT, Rodrigues AL Jr, Serra MC. The effects of seven carbamide peroxide bleaching agents on enamel microhardness over time. J Am Dent Assoc. 2003;134(10):1335-42.
  • Al-Qunaian TA. The effect of whitening agents on caries susceptibility of human enamel. Oper Dent. 2005;30(2):265-70.
  • Clark LM, Barghi N, Summitt JB, Amaechi BT. Influence of fluoridated carbamide peroxide bleaching gel on enamel demineralization. J Dent Res 85(Spec Iss A): 0497, 2006 (www.dentalresearch.org).
  • Amaechi BT, Clark LM, Barghi N, Summitt JB. Enamel fluoride uptake from fluoridated carbamide peroxide bleaching gel. J Dent Res 85(Spec Iss A): 0498, 2006 (www.dentalresearch.org).
  • Browning WD, Myers M, Downey M, Pohjola RM, Brackett WW. Report on low sensitivity whiteners. J Dent Res 85(Spec Iss A): 1650, 2006 (www.dentalresearch.org).